2012年01月09日

KAZUYA ディスコグラフィー


札幌のシンガーソングライターKAZUYAの
NEWアルバム「それは、ほんの始まり」の発売前に
何と!アルバムには入らなかった名曲4曲「それは、ほんのオマケ」
を無料配信致します。
(右のDLからダウンロードできます)
ダウンロードしてもお楽しみくださいませ!!
KAZUYAのワールドがお待ちしています♪

曲が気に入ったら、応援のコメントお願い致します♪

KAZUYA映画実行委員会

BLOG          http://kazuya2011eiga.blog.fc2.com/

twitter        
@kazuya_sapporo

google+       
https://plus.google.com/108582930104529959337/posts


どうぞ皆さんのお力で、この曲達を広めてくれたら嬉しいです。
皆さんのお力をお貸しください♪





空っぽ河童 作詞作曲 KAZUYA

何も浮かばない頭からっぽ 
河童カラカラ皿の水が枯渇したみたい
水を補給したらスイスイスイ元気になりました
シュールな唄を歌ってみましょうか

半音で落ちてゆきましょう
そうさ僕はちょっと中途半端な河童だから

河童カラカラ空へ飛んでった
青と白に緑色が美しかった
河童は何でも分かっていたよ
天狗は友達と教えてくれた
ユーモアお月さんご機嫌よう

ギター弾いてたよ カッパ カポはめて
キュウリの赤ワイン漬けを
日本酒でキューと頂くのが大好きだった

半音で落ちてゆきましょう
そうさ僕はちょっと中途半端な河童だから

Beautiful Day





種    作詞作曲 KAZUYA


愛の詩が降りて来た
白い羽根のような
愛の詩が降りて来た
白い雪のような

ふわふわ ふわり
ほわほわ ほわり

夜空の星があまりに綺麗だから
二人は寄り添う

愛の詩が降りて来た
微笑みのような
愛の詩が降りて来た
温もりのような

ゆらゆら ゆらり
きらきら きらり

互いの胸が高まり始めたら
光りを落とそう

味わい深い赤い酒
君が入れる香りのいいコーヒー
古いレコードの音には
新しい歌が息づいているような気がするよ

時間をかける事は大事なことだから育もう
小さな種の生命が芽吹く時 伝わる愛しさ






ギター D-45    作詞作曲 KAZUYA


アルペジオ爪弾けば 溢れ出すメロディ
太陽は眠ってる 月が目覚める
一人きりの静かな世界 でも寂しくはないんだ
温かなギターの音色 優しくそっと包んでくれる

ぼんやりと何想うでもなく ぼんやりと 
薄灯かりの中 ちょっとほろ酔い
ムーディーブルース 歌ってみるよ
誰も知らない 僕の唄

消え入りそうな 小さな声で歌ってみるよ
愛しい唄を
朝が来る頃 眠りに落ちるよ
おやすみ おやすみ おやすみ D-45






Gospel 作詞作曲 KAZUYA


チューニングできないギターが鳴る
鬱屈した不協和音でなく
どしゃぶりの雨は止まずに降りつづく

虚構の世界の住人じゃない
真実だけでできた世界じゃない
偽りを装う正義もある
そんな世界で生きているんだ

Love Song 唄おう Love Song 唄おう

舐めると癖になる甘い蜜
感覚の麻痺にも気付けない
完成されることのない絵を描こう

驕り高ぶる者に慈悲を
迷える者に道標を
芳しき花に口づけを
新しい朝に乾杯を

Love Song 唄おう Love Song 唄おう

巧妙に隠された理不尽が
濁りなき真っすぐな眼差しくもらせぬよう

驕り高ぶる者に慈悲を
迷える者に道標を
芳しき花に口づけを
新しい朝に乾杯を




posted by ひろみくん at 16:54| Comment(0) | Discography | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。